EA運用は自動的にFX取引をしてくれるのでとても簡単です。
では初心者でもEA運用がしやすい投資業者をどうやったら選べますか。
システムトレードをしていく上で、使い勝手の良い投資業者の特徴を調べてみました。

・ユーザーへのサポート体制がしっかりしている

一つ目の特徴は、ユーザーへのサポート体制がしっかりしていることです。
ほとんどの投資業者は扱っている通貨の数や最低通貨の取引単位が同じです。
どこで良い投資業者かどうかを見極めるには、ユーザーへのサポート体制がどれくらい充実しているかを確認するのが一番良いです。
EA運用をしていく上で、あると助かるサポート機能はストラテジーの検索機能です。
簡単に自分好みのストラテジーや人気のストラテジーを選べる投資業者がおすすめです。
やたらストラテジーの種類がある投資業者があります。
種類がどんなに多くても、検索機能が優れていなければ意味がありません。
どの取引プログラムを選べば良いのか分からなくなってしまいます。
クオリティが高く、成績の良い取引プログラムを探しやすいツールが充実している業者を選んでください。
気を付けないといけない業者は、とりあえずストラテジーの数を増やそうとして質の低いプログラムも掲載しているところです。

・質の良いストラテジーが充実している

別のEA運用でおすすめの投資業者の特徴は、質の良いストラテジーが揃っていることです。
どんなストラテジーが質が良いのでしょうか。

★損益グラフの成績が良い
★最大ドローダウンが更新されていない
★安定して利益を出している
★履歴の損益合計が黒字

優秀なストラテジーは損益グラフの成績が良いです。
過去半年や一年間の成績を見たときに右肩上がりになっています。
基本的には過去一年間の損益グラフが、右肩上がりになっているストラテジーをたくさん持っている投資業者を選んで下さい。
最大ドローダウンも確認しましょう。
この最大ドローダウンを見ることで、今までの負けがどれくらい大きかったのか知ることが出来ます。
半年前や1年前から最大ドローダウンが更新されていないかを見て下さい。
今まで安定して利益を出しているストラテジーや履歴の損益合計が黒字になっているかも大切なポイントです。
これらの条件にかなっているストラテジーが充実している業者はEA運用に適しています。

・初心者でも使いやすい

初心者が使いやすいかどうかも大切なポイントです。
操作系のデザインやインターフェイスがシンプルな投資業者は使いやすいです。
投資業者のEA運用ツールが使いにくいと、取引の時に失敗する確率が高くなります。
さらに、売買の操作をするときにストレスが溜まります。
どうしたら使いやすい業者かどうかを見極められますか。

・・システムの安定性を見る

投資業者のEA運用ツールが安定しているかを確認しましょう。
システムが不安定だと操作の反応が遅かったり、やり直しを求められたりして使いにくいです。
サーバーがすぐにダウンすることがありますし、ログインが出来ずに取引が始められないことがあります。
システムが安定しているかどうかをチェックするには、その業者のレビューなどを確認します。
口コミを見ると、その投資業者のシステムがトラブルが多いのか少ないのかが分かります。

・人気の投資業者の特徴とは?

今人気の投資業者の特徴は何ですか。
ある業者は優れたストラテジーを選べるスクリーニング検索機能が優れています。
自分の好みや条件に合ったストラテジーをすぐに選べると評判です。
数あるストラテジーの特徴を分かりやすいアイコンで表示してくれる機能も評価されています。
どんな特徴があるのかをシンプルなアイコンで表記されているため、各プログラムの比較も簡単に行えます。
ビジュアル的にも見やすく、操作ボタンが少ないのも人気に貢献しています。
早い時期からシステムトレードを取り入れている業者や、スマートフォンに対応している業者も評価されていますよ。
EA運用の経験がある投資業者ほど、洗練されたシステムを持っています。
最近のトレーダーは取引をスマートフォンで行ないます。
スマートフォンでも運用できるストラテジーや、フォーマットが優れている業者は人気です。

EA運用に適した投資業者の特徴は、サポート体制がしっかりしていることです。
システムトレードで一番助かるサポート機能はストラテジーの検索機能です。
スクリーニング検索機能が優れていると、簡単に自分が使いやすいストラテジーを見つけられます。
初めてでも利益を出しやすいストラテジーを見つけられるのです。
投資業者を選ぶときにはストラテジーの数の多さではなく、質の高さに注目すべきです。
数が多くてもダメなプログラムばかりの業者もあります。
きちんと使えて成績を出してくれるストラテジーを多く持っている業者がEA運用に適しています。
損益グラフの成績が良い事や、最大ドローダウンが過去1年間に更新されていないストラテジーを多く持っている業者がおすすめです。