FX取引は自分との戦いでもあります。
特に裁量トレードをする時には、自分の感情と戦っていかなくてはなりません。
少しでも勝ちを重ね続けるためには、どんな心構えを覚えておくべきでしょうか。
知っておきたい裁量トレードを行なう上での大事な心構えについて解説します。

・裁量トレードってどういうこと?

最初に裁量トレードとは何なのかを理解しておきましょう。
FX取引では、裁量トレードやシステムトレードなどいくつかの取引方法があります。

・・裁量トレードとシステムトレードの違い

簡単に言うと裁量トレードとは、自分の判断で取引をしていくことです。
それに対して、システムトレードはコンピューターがプログラムに沿って取引をしていくことを意味します。
システムトレードをする人は、どのプログラムを適用しながら取引をするかを決めます。
たくさんの種類の取引ルールがあるので、その中から自分が良いものを選んで自動的に取引をしていくのです。
裁量トレードは、自分でテクニカル分析をしたりチャートの動きを見たりしながら取引をしていきます。

・・裁量トレードは何が優れているのか

システムトレードに比べて裁量トレードは何が優れていますか。
チャートの激しい動きに対応できます。
システムトレードは市場が予想外の動きをしたときに対応できませんが、裁量トレードであれば市場の急変に対応できます。
その変化を大きな利益を出すチャンスに変えられます。

・自分の感情をコントロールしよう

では裁量トレードで利益を出し続けるためには、どんな心構えが必要ですか。
まず覚えておきたいのは、自分の感情をコントロールすることです。
どうして自分の感情をコントロールすべきなのでしょうか。

★経験豊富なトレーダーと戦うから
★必ず損をするから

FXでは世界中の百戦錬磨のトレーダー達と戦っていかなくてはなりません。
彼らは他のトレーダーを騙して勝つ方法をよく知っています。
チャートの動きを見ながら、経験のないとレーダーがどう判断するかを読みながら、その裏をかいて利益を出そうとするのです。
そのためチャートの変動に毎回心を乱されて取引をしていると、何度も他のトレーダーに勝ちを譲ってしまうことになります。
FX取引をしていると必ず損をします。
常に勝ち続け利益を出し続けることは不可能です。
しかし、損を出すことに慣れていないと感情が乱されます。
早く損を取り戻さないといけないと焦って、冷静な取引が出来なくなります。
結果として、さらに損を出し続けることになるのです。
そうならないために感情をコントロールしなくてはいけません。

・大きなリスクは冒さないようにしよう

大きなリスクを冒さないように意識することも大切な心構えです。
損を出すと、リスクを冒してでも負けを挽回しようとしてしまいます。
しかし、初心者がリスクを冒すなら傷口を広げてしまうことになります。
大きなリスクは冒さないと心に決めていない人は、大損をすることになるので気を付けてください。
リスクを冒さないために何が出来ますか。

★大きな金額を口座に入れない
★手持ちのお金以上の取引をしない

たくさんのお金をFXの口座に入れすぎないようにして下さい。
損をするとさらに資金をつぎ込んで利益を大きくしたくなりますが、小さな投資をコツコツと続けていくスタンスを崩さないようにしなければなりません。
FXにはレバレッジというシステムがあります。
手持ちのお金を担保にして、それ以上の金額で取引が出来るのです。
しかし、初心者がレバレッジをすると、あっという間に担保にしたお金が消えてしまうことがあります。
リスクを最小限にするためにも、まずは堅実に手持ちのお金で取引をしましょう。

・少しずつ経験を重ねることを意識しよう

もう一つの心構えは経験を少しずつ積んでいくことです。
取引の経験を積めば積むほど、チャートの読み方やテクニカル分析のスキルは上がっていきます。
どんなときに売ったら良いのか、どのような局面では買わないほうが良いのかが分かってきます。
経験が増えてくると段々損をしなくなってくるのです。
最初のうちは損をしますが、それで経験を買っていると考えると良いでしょう。
FX取引は徐々に価値が増えてくるものだという点を覚えておくようにして下さい。

裁量トレードで大事な心構えは何ですか。
それは、自分の感情をコントロールする事です。
感情をコントロールしないなら、どんどんお金をつぎ込んであっという間に手元の資金が尽きてしまいます。
損をすればするほど投資額が増えて、最悪の場合は借金をするようになってしまうかもしれません。
負けても感情をコントロールするようにして下さい。
大きなリスクを冒さないようにする事も大切です。
少しの金額で取引を始め、レバレッジは1倍にしておくようにしましょう。
手持ちのお金以上の取引をしない方が傷口は小さく済みます。
始めは経験を重ねるための期間だと考えて下さい。
何度か失敗しているうちに、段々と勝てるコツをつかめるようになってきます。
あせらずに取引を行ない、徐々に勝率を上げて下さいね。