MT4を見やすいようにしたり、使いやすいようにしたりする初期設定とは何でしょうか。
知っておきたい初期設定の種類や、設定の主な手順について解説していきます。
使いやすい設定にしておくとミスが減るので、ぜひこれらの情報を参考にして下さい。

・MT4の見やすい画面の初期設定の仕方

最初に表示されているMT4の画面はあまり見やすくありません。
MT4が勝手に選んだメジャーな通貨が表示されているので、自分が買っている通貨ペアではないことがあります。
あまり取引していない通貨が表示されていると、すぐにエントリーできないので不便です。
自分好みの見やすい画面の初期設定にする手順は何ですか。

1.一旦全てのチャートを消す
2.自分が持っている通貨のチャートを表示させる
3.整列アイコンで画面をきれいに並べる

標準で表示されているチャートを消して、自分が取引している通貨ペアのチャートを表示させましょう。
画面上部の一番左側にあるプラスマークが付いているアイコンから通貨ペアを選べます。
最初にメジャーな通貨ペアしか出ていませんが、Forex1を見ると色々なペアが表示されます。
チャートがたくさんあって見にくいなら、上部のメニューの真ん中から少し右側にある整列アイコンを使ってきれいに並べられます。

・しておくと便利なMT4の設定ってあるの?

MT4を使用するときにしておくと便利な設定はありますか。

★チャートの設定
★ローソク足への変更

それぞれの設定の手順や特徴について詳しく見てみましょう。

・・チャートの設定

チャートのプロパティの中で細かな設定が出来ます。
画面の上で右クリックをするとプロパティが表示されますよ。
チャートが自動でスクロールされるようにしたり、右端移動を可能にさせたりすることが出来ます。
他にもオフラインでチャートを分析できるようにしたり、常に選択したチャートを前面に表示させたりすることも可能です。

・・ローソク足への変更

チャートの表示のさせ方には、ローソク足以外にもラインチャートやバーチャートがあります。
しかし、見やすくて相場の分析がしやすいのはローソク足です。
上部のメニューの真ん中にろうそく足に変更するボタンがあるので、そこをクリックすれば切り替わります。
もちろんバーチャートが好みであれば、それを表示させて下さい。

・効率の良いインディケーターの種類

MT4を使って効率よく取引をしていくには、表示させるインディケーターの設定をしておかなくてはなりません。
テクニカル指標とも呼ばれることがありますが、どんな種類があるでしょうか。

★ボリンジャーバンド
★移動平均線
★MACD
★RSI
★エンベロープ

ここで取り上げた物は一般的に使われているテクニカル指標です。
ボリンジャーバンドや移動平均線などは必ず表示させるように初期設定しておきましょう。
MT4はテクニカル指標をドラッグするだけで、チャートに表示させられるので楽ですね。
他にはどんなインディケーターを表示させると効率をアップさせられますか。

★Spread Label
★Japan Time SubZero

ベテランのトレーダーたちは、これらのインディケーターも使いながら相場の分析をしています。
日本時間へ変更できるインディケーターは、主な市場を海外にしている人にとっては便利ですね。

・使いやすいMT4にするためにみんながしている方法

さらに使いやすいMT4にするために、どんな設定がありますか。

・・チャートの色を変更してみよう

MT4は背景の色やグリッド、そして上昇バーや下降バーの色を細かく設定できます。
ラインチャートや出来高の色も変更できるので見やすく設定してください。
手順は簡単でチャート上で右クリックし、プロパティの中の色の設定タブを開くだけです。

・・好みの設定を他のチャートへ移す

新しいチャートを開くときには、MT4の初期設定に戻っています。
毎回自分好みの設定をするのは大変です。
その場合知っておくと楽なのが、すでにしてある自分の設定を新たなチャートへコピーする方法です。
手順はどうしたら良いですか。

1.元のチャートの上で右クリック
2.定型チャートをクリック
3.定型として保存
4.保存名を入力

この手順の後に新たなチャートで設定した保存を適用すれば完了です。

MT4の知っておきたい初期設定の種類はいくつかあります。
まずは画面のチャートを、自分が取引している通貨ペアのものへ設定しましょう。
複数の画面が表示されて見にくいと感じるときには整列アイコンを使ってください。
チャート上で右クリックし、プロパティの中で色々な変更が出来ます。
バーの色変更などもしていけます。
もしローソク足が見やすいなら上部メニューにあるボタンを押すことで、すぐに切り替えられます。
ボリンジャーバンドや移動平均線などのインディケーターを表示させたり、日本時間へすぐに切り替えられるインディケーターを使ったりしてみてください。
MT4は好みの設定を保存しておいて新しいチャートへすぐに適用できます。
使いやすい工夫がたくさんあるので助かりますね。