FXスキルを上達させていくのに、自分のトレードを記録していることが大切という人がいます。
トレードを記録するのは、本当にスキルアップのために良いの方法なのでしょうか。
どんな事を記録したら良いのかも合わせて解説していきます。

・どうしてトレードを記録するの?

なぜトレードを記録した方が良いのでしょうか。
トレードの記録を付けることによって、自分の取引内容を後から客観的に分析できます。
どんなときに記録は助けになりますか。

★失敗したとき
★成功したとき

例えば、失敗したときにはこんなことを分析できます。
どうしてあのタイミングでエントリーしてしまったのだろうか、次はどのタイミングにしたら良いのかを考えられます。
成功したときには、なぜあのときは上手くいったのか、また同じような成果を出すにはどんな取引ルールを作ったら良いのかを考えられます。
失敗したときに記録を取ることで、同じ失敗を繰り返さないように学習できます。
成功した際に自分が実行した手法を分析することで、勝ち続けるパターンを確立できるのです。
もし記録していないなら、同じ失敗を意識しないで続けてしまいます。
成功したとしても理由が分からないので、安定して勝ち続けることが出来ません。
ですからトレードの記録を付けていくのはとても大切です。

・何を記録していったら良いのか

どんな事を記録していけますか。

・・データ

後から見返したときに、自分の取引をイメージできるようなデータを記録して下さい。
例えば、どの通貨ペアでいくらで取引をしたのかを記録しておきます。
エントリーのタイミングとエグジットのポイントも記録すると後から分析の助けになります。
取引をしたときの市場の状況や、相場の環境も簡単に書いておくのも良いです。
相場に影響した経済指標やニュースの内容なども記録しておきましょう。
最終的な損益額も忘れずに書いておいて下さい。

・・分析

これらのデータを元に分析をしていきます。
なぜ自分は後の時エントリーしたのかを考えたり、イグジットする決定をしたりしたのかを分析します。
取引をしているときのメンタル状態や焦ってしまった理由などを書いておきます。
パニックになった理由が分かれば、同じ状況が後から発生しても落ち着いていられます。
毎日これらの点を分析するなら、自分なりの取引ルールを確立していけます。

・トレードを記録するのに便利な方法

トレードを記録していくのに便利な方法は、何に記録するかを最初に決めることです。
毎回違うものに記録していると後から見返すことが難しくなります。
スマートフォンやパソコン、そしてタブレットからどこでもアクセス出来るオンラインメモアプリなどは便利です。
身近にある物で記録を簡単に取れますし、思いついたときに振り返って反省をしていけます。
スクリーンショットもトレードを記録するときに便利です。
スマートフォンやタブレットで取引をしているときには、エントリーやイグジットの画面をスクリーンショットしておけます。
パソコンで取引をしている人は、スマートフォンで写真を撮るのも良いでしょう。

・手書きとパソコンどっちで記録するべき?

手書きとパソコンのどちらで記録をするべきですか。
好みによって分かれますが、パソコンなどを使ったほうが便利だという人が多いです。
パソコンやスマートフォンで記録をすると入力が楽だというメリットがあります。
トレードの記録は毎日付けるので、入力がしやすいというのは大きなメリットです。
パソコンやスマートフォンの方が、画面のスクリーンショットや写真を使った記録が簡単にできます。
手書きだと、いちいち画像をプリントアウトしなければなりません。
デジタルでトレードを記録していると後から検索するのが楽です。
日付や通貨ペアなどで必要な記録だけを探すことが可能です。
オンラインメモアプリを使っているなら、外出先の空き時間などを使ってトレードの分析が出来ます。
手書きにしていると記録をしているノートがなければ分析が出来ません。
もちろん手書きにもメリットはあります。
実際に自分の手を使って書いていくので、記録している内容を記憶しやすくなります。
頭の中を整理するのにも向いています。
手書きをしていると自分の気持ちや精神状態を思い出して、より多くの情報を残しやすくなるメリットもあります。

自分のトレードを記録していく理由は、安定して利益を出し続けていくためです。
成功したとしても失敗したとしても、その理由が分からなければ継続して勝ち続けられません。
どうして勝ったのか、またどうして負けてしまったのかを客観的に分析することでFXのスキルはアップしていきます。
ですから通貨ペアや取引額、そしてエントリーのポイントやエグジットのポイントなどを記録して下さい。
失敗したときの自分のメンタルの状態なども書いておくと良いです。
それから記録した情報に基づいて、分析したり反省したりします。
トレード記録を付けるのはデジタル方式でも手書きでもどちらでも良いです。
どちらにもメリットがあるので、続けやすい方法を自分で選んで下さい。